MUSICIAN

株式会社ワイドウィンドウズ正社員
246LIVE HOUSE GABU照明責任者
鶴野 勝作


ミュージシャン学科ドラム専攻卒業。
株式会社ワイドウィンドウズとは”音楽スタジオ246” そして最近新たな事業として誕生した”246LIVE HOUSE GABU”を運営している会社です。


入社のきっかけは、自分のバンド活動の為になにか出来る事はないか、という事で模索した結果、
いろんな音楽知識を学び、自分のバンドに還元できたらとても効率的で、
たくさんの素敵なミュージシャンとも知り合える事は自分にはとても魅力的だったので入社しました。


職場で僕の持ち場はレンタルスタジオと、ライブハウスでの照明業務です。
まずはスタジオから。
業務内容は基本的に ミュージシャンの全面的なサポートです。

練習のしやすさは勿論、お店の雰囲気作りから、気持ちのいい接客、常設している楽器の日々のメンテナンスといったところでしょうか。
お客さんがミュージシャンというだけあって、やはり若干変わっている人が多く(いい意味で)、
もちろんその場その場でいろんな対応を求められます。(笑)


他の業務内容といえば、既にスタジオ内で練習しているミュージシャンと、これからその部屋で練習するミュージシャンのセッティング内容をチェンジする、セットチェンジです。
だいたいお店が混んでいるときは予約していただいている時間の終了時間5分前に片付けをお願いしていて、その間に僕らスタッフが次のミュージシャンのセッティングをしています。
土日など人気がある曜日は朝から晩まで!ライブイベントで盛り上がっている日は朝から朝まで余裕でその状態が続きます。
勿論時間厳守で次のミュージシャンをご案内し、時間厳守で今入ってもらっているミュージシャンには退室してもらいます。
一遍、簡単そうにも思えますがこれが本当に大変で!(笑)
機材がめちゃくちゃ多いミュージシャンの時などは、次に入るミュージシャンの為にスタッフ二人がかりでセットチェンジする事もあります。


そしてもう一つ、弊社自慢のLINE録音です。
練習の内容が綺麗な音質で録音できるサービスです。
音楽・音響知識が必要で、EQやコンプを駆使して音を綺麗に録音するので とても勉強になります。


ライブハウスでの業務は、照明オペレートです。
基本的にリハーサルである程度曲で確認してもらっている間に、なるべく聞きこんでオペレートします。また、事前資料があれば公演当日までに聞き込んで、バチバチに合わせてオペレートします。

曲によってさまざまな表現の仕方があるので、正解などありません。
自分がこういうふうに表現したい!でOKです。そういう世界なので、理解に苦しまれる場面もあります。
もっとこうしたいとか、こうしたら?とかメッチャ言われます。でも僕はほとんど気にしていません。
そのかわり照明についてかなり勉強しました。常に流行のバンドの照明などチェックしています。
大御所のライブの照明も研究します。なんでそうなっているのかまで研究します。
終わることはなく、常に新しい表現方法が出てくる世界です。
ただ仕事なので自由にできないこと、決まり事通りにしないといけないことも多々あります。
人それぞれの感性がありますがそれはここでは別です。操作面での意見やプログラミングでのアドバイスなどはしっかり受けいれています。
また、オペレートだけではなく、出演するミュージシャンとコミュニケーションももちろんとります。
スモークは使ってもよいのか、使わない方がいいのか、ストロボを使って欲しい曲があるか、どういうふうにしてほしいのか、などなど直接聞いたりしてその日の本番をむかえます。

戻る

  • ミュージシャン学科TOP
PAGETOP
HOMEに戻る
LINE