VOICE ACTOR

段階的に目標を設定した実践的な模擬オーディション

濱 健人

声優/賢プロダクション

  • 「刀剣乱舞」陸奥守吉行役/「A3!」七尾太一役
  • 「アイドルマスター SideM」 木村龍役

その他の出演作品
◆ TVアニメ ◆
「活撃 刀剣乱舞」「刀剣乱舞-花丸-」「カードファイト!! ヴァンガード」「弱虫ペダル」
「うしおととら」「カード・バトルZERO」「キズナイーバー」「境界のRINNE」
◆ ゲーム ◆
「龍が如く 維新!」「茜さすセカイでキミと詠う」
「夢王国と眠れる100人の王子様」「STELLA GLOW」 他多数

最初は失敗してもいい
とにかく思いっきり演じてみる

声優の魅力は実際にやってみないとわかりません。と言うのも私は元々、歌手志望でした。VAOの体験入学に参加した時に、演じる楽しさを知ったのが声優を目指すきっかけになりました。声優になるにはオーディションを突破しないといけません。これを楽しめる人は声優に向いていると思います。でも最初は誰でも緊張するので楽しむことを忘れがちになります。そこで「自分は緊張していない」と思うより「…うん、緊張しているな!」と開き直ってみる。そうすると肩の力が抜け、自分らしさが伝わるようになります。とにかく思いっきり役を演じて、声優という世界へ歩み出してください。

水谷 麻鈴

声優/プロダクション・エース

  • 「ブレイブウィッチーズ」下原定子役
  • 「アクションヒロイン チアフルーツ」黄瀬柚香役

その他の出演作品
◆ TVアニメ ◆
「私がモテてどうすんだ」「空戦魔導士候補生の教官」
◆ ゲーム ◆
「神話創世RPGアマデウス」アルテミス、シュブ=二グラス、ウケモチ役
「陰陽おとぎソール」夜明珠、ドム・ペドロ アクアマリン、おやゆび姫、櫛名田姫役 他多数

在学中からプロを意識して
ひとつひとつ、こだわろう。

声優としてアニメやゲームに出演するほかに、歌やダンスを披露する声優ユニットに参加しています。声優を目指したのは、好きなマンガのアニメ作品を見たときに、声優さんの演技に感動して、自分もこの世界に加わりたいと思ったから。プロになると、それまで視聴者やプレイする側だったアニメとゲームに出演できるので、とてもやりがいを感じます。私は在学中からプロだと思って、レッスンを受けていました。自分から行動する力や現場の動き方は、デビュー後、様々なシーンで役に立っています。VAOで現場を知り、社会人としての振る舞い方を学べたのは、とても大きなことでした。

櫻井 トオル

声優/賢プロダクション

  • 「刀剣乱舞」蜻蛉切役/同田貫正国役/山伏国広役
  • 「ハイキュー!!」花巻貴大役

その他の出演作品
◆ TVアニメ ◆
「活撃 刀剣乱舞」「刀剣乱舞-花丸-」「亜人」「おそ松さん」「モブサイコ100」「七つの大罪」
「ジョーカー・ゲーム」「銀魂」「ドラえもん」「クロムクロ」「俺物語!!」「オーバーロード」「アイカツ!」
「忍たま乱太郎」「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」「名探偵コナン」「銀の匙」
◆ 吹き替え ◆
「マン・オブ・スティール」「カーズ2」「クリミナル・マインド6 FBI行動分析課」
「ゲーム•オブ•スローンズ」「GODZILLA ゴジラ」「サイレントヒル: リベレーション3D」
「ホビット 竜に奪われた王国」「武神」「イニョン王妃の男」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「CSI:11 科学捜査班」  他多数

役の魅力を引き立たせるのはあなたの魅力
登場人物、物語の背景をよく理解し演じよう

声優の仕事はジャンルによって違う魅力があります。例えば、アニメだと自分で1から役づくりできるおもしろさがあります。洋画の吹き替えなら、元々演じられた俳優の芝居を汲み取って、役になりきれます。芝居をする上で大切なのは、役や相手との距離、状況を理解すること。与えられた役の背景と物語の関係性を把握し、自分らしい演技を心がける。自分を客観的に見つめながら、努力を努力と思わず楽しく学んでください。学校の先生や道行く人、赤ちゃん、何気ない自分の動き、いろんなものを見るだけで、芝居の糧になります。いつかあなたとマイクの前で仕事ができることを楽しみにしています。

上田 琴美

ナレーター・レポーター/ワイワイワイ

  • 大手企業のCM•VP・テレビ・ラジオ番組の
    ナレーションを担当!

主な出演作品
◆ CM ◆
ロート製薬/au/タイ国際航空/デューク/リョービ/あまから手帖/求人マークス
◆ テレビ・ラジオ ◆
「魔法のレストランR(MBS)」「歴史秘話ヒストリア(NHK)」
「JLCニコニコボートレース部(日本レジャーチャンネル)」
「お出かけマテリアル(エフエムひらかた)」
◆ VP ◆
ダスキン/ECC/タイガー/スシロー/神戸コレクションドコモステージ 他多数

やりたいことを明確にして前に進む
ときどき立ち止まり、客観的に自分を見てみる

プロになると、ナレーションの授業はもちろん、演技や歌、シナリオ研究などVAOで学んだ全てのことがどこかでつながってきます。「あの授業でやったあれはこういうことか」とハッとすることもしばしばです。そして、声の仕事を目指されるなら挨拶はとても大切です。この業界は顔を覚えていただかないとはじまりません。私の場合、校内で誰かれかまわず挨拶していました。そのおかげで、初対面の人にも話かけられるようになり、レポーターの仕事に役立っています。VAOで過ごす2年間で本当に進みたい道に進めるように自分をプロデュースしてください。努力を惜しまずにがんばれば、必ず道はひらけます。

声優学科TOPへ
HOMEに戻る
LINE