テレビや映画の映像は、セリフや効果音によっておもしろさが変わります。音の選定や加工の基礎を学び、よりおもしろくするMAの技術を学びます。
世界でも評価されている日本のアニメ。アテレコによる声優の声や効果音を映像につける技術とセンスを養い、おもしろい作品に仕上げる能力を習得します。
ゲームの世界観を音で表現します。自分の声をモンスターの声にしたり、戦闘時の攻撃音を加工するなど、プレイヤーを引きこむ音の演出を身につけます。
河村 章氏
PROFILE: '04年本校卒業。数々の人気TV番組を手がける戯音工房に入社し、関西各局の人気テレビ番組のMAとして活躍。現在は独立し、テレビ番組や企業VP(会社や商品紹介ビデオなど)を中心に演出を手がける。
人の心を動かす、音のチカラはすごい
例えばCMなら、最初から音楽をずっと流すのか、それとも一言セリフを言った後から音楽を流すのか。曲や音が違うと映像作品の印象は異なりますが、たった1秒のタイミングでも異なると受ける印象は違うものになります。自分の選曲次第で、観る人の心を動かせる音の力は本当にすごいんです。
映像制作者の想いを感じ取る力を身につけよう
ビジュアルアーツでは、体験入学の時から現場で実際に使われている機材に触れて学ぶことができます。技術はもちろん、映像をつくった人がどこを見せたいか、何を伝えたいのかを感じ取る力も養えます。現場を知っている私たちが本当に役立つ学びを教えるので、一緒におもしろい映像をつくりましょう。

資料請求はこちらから SCHOOL GUIDE 2015