有元伸也氏講演会

更新日:2019/09/25

先日は有元伸也氏に来ていただき、講演会を行いました。

有元さんは大阪ビジュアルアーツ専門学校を卒業し第35回太陽賞を受賞するなど、国内外で精力的に個展やグループ展を開催しています。またTOTEM POLE PHOTO GALLERYを運営し、そこでの連続展を中心に活動を行い定期的に写真集を出版しています。

今回は学生の聞きたい話を中心にお話しして頂きました!
まず1つ目は有元さんの学生時代のお話です。

有元さんは20歳で学校に入学し、写真を始められました。
写真を始めたきっかけは「何もないけど、何者かになりたいと思っていたから」と話されました。
でも入学してすぐ、誰でも出来る事で何かを制作する難しさを感じたそうです。

1年生の時からポートレートを撮り続け、学校の行き帰りやアルバイトの合間もカメラを持って写真を撮り
終電を逃した日は朝まで写真を撮ってそのまま学校に行くこともあったそうです。

声をかけて撮影することに対して愛の告白に近いと話していたのが印象的でした。


続いて2つ目は、現在ビジュアルアーツギャラリーにて展示されているTIBETについてのお話しです。
チベット人に出会うまでのお話しや日本でチベット語を学び次の旅に備えたこと、現地での出来事などをお聞きしました。

その後は学生の質問にも丁寧に答えてくださいました。
あっという間の1時間半でしたが色々なお話が聞けて学生にも良い勉強になりました。

有元さん、貴重なお話誠に有難うございました。

<有元伸也さんHP>
https://arimotoshinya.com

**************

写真を仕事にしたいかた、
自分だからこそできることを見つけたいかた、
まずは気軽にオープンキャンパス・体験入学にご来校下さい。

■写真学科はこちら
■体験入学のお申し込みはこちら!

写真を中心にデザイン・一眼レフ動画を学ぶなら
ビジュアルアーツ専門学校・大阪 写真学科

VISUAL ARTS BLOG

  • 学校からのお知らせ
  • ダンサーブログ
  • 声優学科ブログ
  • ミュージシャン学科ブログ
  • 音響芸術学科ブログ
  • 映像音響学科ブログ
  • 放送・映画学科ブログ
  • 写真学科ブログ
PAGETOP
HOMEに戻る
LINE