藤元明緒監督「第26回新藤兼人賞」金賞受賞!&活躍中の卒業生

更新日:2021/11/24

放送・映画学科 卒業生 藤元明緒監督作品『海辺の彼女たち』が、「第26回新藤兼人賞」金賞を受賞しました!!!

新藤兼人賞は、日本映画製作者協会に所属する現役プロデューサーがその年度で最も優れた新人監督を選ぶ賞です。

また、第13回TAMA映画賞にて「最優秀新進監督賞」も受賞されました。

藤元明緒監督プロフィール

1988年生、大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪で映像制作を学ぶ。日本に住むあるミャンマー人家族の物語を描いた長編初監督作『僕の帰る場所』(18/日本=ミャンマー) が、第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門2冠など受賞を重ね、33の国際映画祭で上映される。長編二本目となる『海辺の彼女たち』(20/日本=ベトナム)が、国際的な登竜門として知られる第68回サンセバスチャン国際映画祭の新人監督部門に選出された。現在、アジアを中心に劇映画やドキュメンタリーなどの制作活動を行っている。

 

受賞作品『海辺の彼女たち』について詳しくは、公式ホームページへ↓

●『海辺の彼女たち』公式ホームページ

 

さらに…

川添ビイラル監督短編『ひびき』が、「日本セルビア映画祭」でグランプリを受賞しました!

この12月に「アップリンク京都」での映画『WHOLE/ホール』の公開を控える川添監督の
次作短編『ひびき』が、「日本セルビア映画祭」でグランプリを受賞されました。

●日本セルビア映画祭Instagram

●9月の「SKIPシティ映画祭」での紹介記事

 

工藤将亮監督新作『未曾有』が、2つの映画祭でワールドプレミア公開されました!

●エストニア/タリン・ブラックナイト映画祭

●第22回TAMA NEW WAVE


 

ビジュアルアーツ専門学校の放送映画学科は、映画の現場で活躍中の卒業生を応援しています!
映画を学びたい方、将来映画に関わりたい方は是非オープンキャンパスへお越しください。

 

VISUAL ARTS BLOG

  • 学校からのお知らせ
  • ダンサーブログ
  • 声優学科ブログ
  • ミュージシャン学科ブログ
  • 音響芸術学科ブログ
  • 映像音響学科ブログ
  • マスコミ出版・芸能学科学科ブログ
  • 放送・映画学科ブログ
  • 写真学科ブログ
PAGETOP
HOMEに戻る