【ようこそ先輩(^-^)/】株式会社モノリス・岡本実樹さん

更新日:2017/11/06

10月19日(木)、1年生の全体授業のゲストとして、
この春、本校 放送・映画学科を卒業したばかり^^/、
“社会人1年生”の岡本実樹さんにご来校頂きました。

岡本実樹(おかもとみき)さんは、
現在、「株式会社モノリス」という、
映像・音響機器のレンタルや設置工事、
展示会やイベント、映画祭等での
上映設備の技術を行う会社で働いています。

来年に向けて、
いよいよ”就職活動”の準備が始まる後輩に対して、
「どうやって”仕事”と出会ったか。そして、
 職業人としてのこれからと夢」
を話してくれました。

まず、広島出身の岡本さんが
「どうやって、VAOを知ったか?」

元々、お笑いやバラエティが好きで、
子供の頃、”とんねるず”が番組スタッフと組んだ
パフォーマンスユニット【野猿】の
大ファンだった彼女(^^)

彼らから「裏方スタッフ」の存在に
興味を持ちました。

そして、高校生になって、その進路選びのなかで
「ビジュアルアーツ専門学校」を見つけます。

何度か「体験入学」に参加するうちに

「将来の仕事として、もっと勉強したい」と、
本校への入学を決めました。

でも、入学してから
本格的な内容を知れば知るほど、
「自分にやっていけるのだろうか…」と、
将来に迷いを抱きます。

そんな2年生の夏、「なら国際映画祭」の
ボランティアスタッフとして参加し、
同じくその映画祭で上映技術会社として参加していた
「株式会社モノリス」を知ります。

「映画(作品)をちゃんと観客に伝える仕事があって、
 はじめて作った人達の想いが届く」

「こんな大事な仕事をやってみたい」と、
 学校に相談します。

この日のトークでは、
「モノリス」から近藤真五さんも参加。

※彼女の上司です^^;

近藤さんも「なら国際映画祭」の現場に居られて、
その時の岡本さんとの出会い、
インターンシップから就職が決まるまでの過程、


4月からの実際に”社会人”になっての経験など、
活発なディスカッションの場になりました。



1年生にとっては、今、進路決定の大切な時期。
岡本さんの話を真剣な面持ちで聞いていました。



最後に【将来の夢】を岡本さんが話してくれました。
「(学生の時)一緒に映画を作った同期も、
 いまそれぞれの現場で、
 頑張って仕事を始めたばかりです。
 いつか将来、その仲間の作品を
 自分の手で上映したい」

「自分の故郷、地元でのイベントを企画したい」

すかさず、モノリス・近藤さんから
「じゃ、実現出来る様、
直ぐ企画書の準備しないと!!」と、
頼もしいエールもありました(^^)v

トーク後、後輩たちから質問攻めされてます^^

「ようこそ先輩。今日はありがとうございました」
「わたしたちも頑張ります!!」

教員・柴田

VISUAL ARTS BLOG

  • 学校からのお知らせ
  • ダンサーブログ
  • 声優学科ブログ
  • ミュージシャン学科ブログ
  • 音響芸術学科ブログ
  • 映像音響学科ブログ
  • 放送・映画学科ブログ
  • 写真学科ブログ
HOMEに戻る
LINE