活躍中の卒業生たち

Initial’Lイニシャル・エル

Dr. 一朗

PROFILE
ビジュアルバンド「Lycaon」のドラマーとして活動し、アルバム『Camera Obscura』がオリコンインディーズチャートの1位を獲得。人気を不動のものとするも2015年に解散。その後、「Initial’L」とバンド名を変えて復活。現在はライブを中心に活動している。

公式サイト http://initial-l.jp

ドラム歴はたった半年。
それでもプロを目指したかった。

ドラムを始めたのは高3の夏なので、わずかな経験しかありませんでした。それでも本気で音楽をしたかったので、ビジュアルアーツで基礎から学ぶことにしました。在学中はがっついていましたね(笑)。多いときは8組くらいバンドを掛け持ちしていました。「めんどくさいことをやれ」と、アドバイスをくれた先生がいて、今でもその言葉が心に残っています。

人気絶頂期に解散。
再び同メンバーでバンド結成。

卒業後、名古屋で今のバンドの前身である「Lycaon」と出会い、6年間ほど活動しましたが一度解散しています。ライブで1000人以上動員していたので、悔しさだけが残りました。それはメンバー全員が同じ気持ちで、1年後再結成し「Initial’L」がスタートしました。現在は拠点を名古屋から東京に移し、ライブ活動を中心にテレビ、ラジオなどに出演しています。

後輩たちには自由に
音楽を学んでほしい。

高校に比べたら専門学校は自由です。ただ「自由」って意味を間違えないようにしてください。遊べる時間が増えるのではなく、音楽に集中できる時間ができるということなので。2年間はあっという間です。時間を無駄にせずに、わからないことは何でも先生に質問して、やりたいことは何でもする。私がそうであったように入学したらがっついてください。

D.W.ニコルズ

Dr. 萬玉 愛(写真右端)

PROFILE
2017年、D.W.ニコルズに加入。
全国ツアー、フェスや多種多様なイベントへの出演だけでなく、TV番組への楽曲提供やラジオレギュラー番組などの幅広い活動を行い、まさに老若男女、ファミリー層までも巻き込みファンを拡大中。

公式サイト https://www.dwnicols.com

スムージチークス

Vo.&Gt. 中西 勇人(写真中央)
Key. 黒住 成彰(写真右)

PROFILE
ハッピーで愛に溢れたポップネス集団。一度聴いたら耳に残るメロディーと、シンプルでストレートな歌詞。ハイトーンボイスのボーカルに、包み込むようなコーラス。笑いたい、泣きたい、歌いたい、踊りたい、そんな欲求を満たしてくれるバンド。
写真左から、bass.カドヤシュンスケ、chorus&percussion.加藤遥、vocal&guitar.中西ユウト、drum&chorus.こんどうあいり、keyboard.ジャッキー成彰。

これまでに自主制作音源5枚と全国流通盤2枚をリリースし、全国各地でライブ活動を行う。MINAMI WHEELの出演や、テレビ・ラジオの出演も果たし、昨年のライブ形式のオーディションイベントでは大阪代表に選ばれる。2014年に全国リリースした「Everybody Goodtime」はウルフルズのウルフルケイスケ氏からのプッシュもあり、タワーレコード難波店でのオリコンチャート10位を獲得。2016年には自主レーベル「SMG RECORDS」を立ち上げ、ミニアルバム「Vivid Soul」を全国発売させる。

公式サイト http://smoogecheaks.com

Vo.&Gt. 鶴田 晋一

PROFILE
2003年、アルバム「LIFE」でメジャーデビュー。以後大阪を中心に、弾き語りやバンド等問わず様々な形でライブ活動を行う。現在は弾き語りユニット「Arpeggio Stroke The Westin Harmonics(アルスト)」ロックバンド「tools」で活動中。

Dr. 安永 康介

PROFILE
16歳よりドラムをはじめバンド活動を開始。本校卒業後、バンド活動と並行して、ロザン、キングコング初主演映画『ガキンチョ★ROCK』の演奏指導等、ライブサポート活動を開始。 その後も様々なバンドを経て、現在ジプシー・アイリッシュパンクバンド「Pororoca Lindo」で活躍中

Vo. 青木 加奈

PROFILE
本校在学中よりバンド活動に加え、自ら作詞・作曲も手掛け、CD制作に取り組む。
卒業後はソロシンガーとして活動を始め、CDリリースやTV・ラジオ等のメディア活動も行う。
現在は関西を中心にウエディング、ライブハウス、ライブバー等で活動しながら、ボーカルスクールDivaluxe天王寺校ではチーフインストラクターとしてボーカル講師を担当。

Gt. 達家 大樹

PROFILE
「bradshaw」(ブラッドショー)「CUma」(キュマ)「高揚世界」のギタリストとして活動中。 その他サポートギタリストとしても活動中。 既存の枠組みにはまらないプレイを信条とし、巷に溢れない音楽制作に取り組む。 現在は音楽と並行して造園を営む庭師ギタリストを目指す。

Key. 西村 広文

PROFILE
3歳よりクラシックピアノを始める。
在学中から自身のバンドを組み、ライブハウス等に出演するなど、学業と並行してバンド活動も開始する。
専門学校卒業と同時にプロ活動を開始。アーティストのライブサポートやレコーディング等でキャリアを積んでいく中で、2007年にバンド『アカシアオルケスタ』結成。 バンドでは2010年にメジャーデビューを果たし、2016年現在までに3枚のフルアルバムを発表。BIGCATでのワンマンライブなど、関西を中心に精力的に活動中。
またバンド活動と並行して、幾多のアーティストのライブ、レコーディングサポート、アレンジャー、専門学校講師としても活躍中。 メジャーアーティストとの共演も多く、日比谷野外音楽堂やZepp、 赤坂BLITZ等の大きなステージに立つ機会も多く、今後もますますの活躍が期待されるピアノ、キーボードプレイヤー。

ELECTRIC MAMA

Dr. 上田 亜里沙(写真左)
Gt. 大島 健治(写真右)

PROFILE
ドラムヴォーカルとギターという、特異な2人編成で活動を開始。
ブルースやパンクに傾倒したスタイルの楽曲を展開。
2008年 布袋寅泰氏プロデュースのミニアルバム『THE WALL』でメジャーデビュー。
2010年 フルアルバム『ZOMBIE』リリース。
次第にニューウェーブやハウスの影響を受け、10周年を迎えた2014年より、ヴォーカルとトラックメイカーのエレクトロハウス・デュオとして新体制の活動をはじめる。
2015年 自身のレーベル『LEFT HORSE RECORDS』を立ち上げ、フルアルバム『1982』をリリース。
2016年 ハイペースにデジタル配信シングルをリリース。

公式サイト http://electric-mama.jp/

Vo. 美崎 莉菜

PROFILE
幼稚園の頃から歌の楽しさを知り、自身で作詞作曲もしていた。
中学では運動部に励み、高校ではボイトレに通うだけで、ようやく音楽活動を始めたのは、ビジュアルアーツ専門学校に通い始めてから。 在学中は「MISAKI」としてのソロ活動と学外のスカバンド「Laughing out Funny」のボーカルとして活動。 卒業を経て現在は「美崎莉菜(みさき りな)」という名でソロ活動をしている。合わせてラジオ大阪の朝番組のADもしている。

Dr. 小杉 益人

PROFILE
「溺れたエビ!」「1POINT」「tools」のドラマーであり、SAKAE DRUMSのエンドーサー。 ライブサポート、レコーディングサポート、ドラムテックとしても活動中。 「ヒルナンデス」「和風総本家」「なんでも鑑定団」「青空レストラン」「おはよう朝日です」等TV番組に自身のドラム音源を提供している。
「溺れたエビ!」では国内の大型フェスや海外のライブフェスに出演。数々のテレビ番組や雑誌等に取り上げられている。

Vo.&Gt. 吉井 友紀

PROFILE
オールディーズオタクの父とハードロック娘だった母の間に生まれ、J-Popで育ちSoul,Blues,R&B,Reggae,HiphopなどRoots Musicを基点に生み出す至高のPops。 音遊び、言葉遊びに絡むキャッチーなメロディーと他事ないリリック、ソウルフルで味わい深い歌声はまさに一聴必好。 ゆるくいなたい弾き語りからグルーヴィーなバンドスタイルまでライブスタイルも千差万別でギタリスト、トラックメイカーとしても堪能と何でもござれのヴァーサタイル系シンガーソングライター。

稲垣 しあん

Vo. 稲垣 しあん

PROFILE
中学からアコギを始める。 本校卒業後、秋葉原にあるAKIHABARA バックステージ passでカフェ店員をしながらアイドル活動をしている。

北村優一

Dr. 北村 優一

PROFILE
自身が参加したレコーディングをきっかけにサウンドメイクへの信頼も高まり、とある作品へドラムチューナーとして参加。
その作品をきっかけにドラムテクニシャンとしての活動が広がっていき、現在は多岐にわたる数多くのアーティスト・ドラマーの信頼を受け、様々なレコーディングやライブにてドラムサウンドメイキングに携わる。

また、現場での経験や知識を元に「ドラムサウンドにおける表現」をテーマにしたイベントやセミナーも数多く開催。

2015年より継続中の"メンテナンス・サウンドメイク相談イベント"では4年間でのべ800名を超えるドラマーに参加頂き楽器を調整。
キタムラボと称した"ドラムサウンド実験イベント"ではドラムサウンドメイキングをよりフォーカスを強めた内容で不定期開催中。


<2019年 参加作品 アーティスト -Drum Sound make->
スカート:トワイライト/D.W.ニコルズ:キミのうた/ariel makes gloomy:fluorite(フローライト)/Tempalay:「21世紀より愛をこめて」/The Wisely Brothers:「Captain Sad」/LaTurbo with STORMER & THE STOLEN HEARTS :風のトラベラー c/w Laundrythm

<2018年 参加作品 アーティスト -Drum Sound make->
中村佳穂/Saucy Dog/the wisely brothers/バンドじゃないもん/リーガルリリー/セントチヒロチッチ(BiSH)/フレンズ/あいのぼり/mayumi yamazaki/Half time Old/SeanNorth/the mother’s booth/辻詩音/板野友美/錯乱前線/ステレオガール/夜ハ短シ/FOMARE/糸奇はな/セプテンバーミー/stormer&thestolenhearts/ariel makes gloomy/UlulU/キングダム乱/泉里香/and many artists...

大森直哉

Ba. 大森直哉

PROFILE
15歳からベースを始め、高校の軽音楽部にてコピーバンドを経験。
20歳でビジュアルアーツ専門学校に入学。様々なジャンルのバンドを経験する傍ら、校内ではベーシストだけではなくボーカルとしても活動。 卒業後もバンド活動を続け、現在は主にこーたソロプロジェクト『Amber』にてサポートベーシストとして活動中。

ミュージシャン学科TOPへ
PAGETOP
HOMEに戻る
LINE